塩パン食べたい。

アニメ、漫画の感想を自己満でつらつら書きます!(予定!)

ReReハロ読みました♡

 

ReReハロ読みました〜〜

f:id:mm-hy:20170109135110j:plain

 
この漫画は長々感想書くもんじゃないなーと思うので読み終わった今の感想をさくっーと書きます。
 
たまには終始甘い漫画もいいな!!!!青春だな!!!!ごちそうさまです!!!!
って感じでした(笑)
 
途中両思いなんだから早くくっつけー!!!とか、リリコ馬鹿なの…?気づいてよ!って思うことがたくさんあったけど、真っ直ぐで堅実な少女漫画のヒロインらしくて、私はリリコのこと結構好きでした。尊敬してます\(^o^)/あんなに料理出来たらモテそうだよね。いいよね。胃袋掴みたいね。
 
気になってたことがあるんですけど、この漫画、時間進むのめっちゃ遅いよね(笑)11巻まできて、やっと高1の夏休み?進んだは4ヶ月!?うそでしょ(笑)まあ、その4ヶ月がリリコと湊にとってどれだけ濃い時間だったか、ということですね。
 
私はこの終わり方が結構好きで、正直最終巻はハッピーエンド見え切ってたから、さーっと読んでんだけど、最後の2ページは、え??って3回くらい読み返しました(笑)できれば、この2人の続編がまた読めたらいいなと思う終わり方でしたね!それと、最終巻はある意味表紙にやられた。てっきり結婚まで書くと思っててそこまで行くと思ってたら、、、行かないんかい!!!!というね。(まあ、2人が結婚するのは最後の2ページでわかるんですけど)だからこそ、また続編読めたらいいな〜〜って思ってます。南先生お願いしゃーす!
 
ちなみに私はこの漫画で一番好きなのは、秦でした!あーゆう男の子タイプです!黒髪で優しくて無口でそばにいてくれる系大好物です!だからあの2人の番外編もぜひともお願いしたい…!!!まだまだいろんなカップル、続編が読みたくなる、魅力的なキャラがたくさんで、楽しい漫画でした(^_^)♡♡
 
 
本当にマーガレットらしいピュアでハッピーでキラキラした少女漫画だと思います!廃れた大人達、たまにこーゆうの読んで元気もらおう!現実から逃げよう!
 
うん。短くまとまった(笑)
 
皆様もぜひ。
 
 

少女漫画はこじつけか?

全然更新出来てなかったんですけど、いっぱい漫画読んで過ごしてます!
新しいやつから懐かしいやつまで!一番最近では読んだのは『午前0時にキスしにきてよ』
最高すぎてだな〜〜!完結したら買うつもりでガマンしてたのに耐えられず手に取っちゃったよ〜〜!!!私だってアイドルと付き合いたい!!!←
またそのうちこれについては書けたらいいな。

アニメも見てるし声豚も絶好調だし、毎日2次元に埋もれてキモオタしてます(^∇^)!

それで………
この前、少女漫画を読むことについて、思うことがあったので久しぶりに書いてみることにしました。

友人が『少女漫画は、日常ですって設定なのに無理やりこじつけがくるから苦手』と言っていて…
私すごい驚いて!!!

少女漫画ってそもそも日常っていう設定なの?!?!てかそれ少女漫画に限ります??

これまで生きてきて小学生の頃から大人になった今も少女漫画だいすきマンなわたしは、少女漫画を日常だなんて思ったことないぞ????と。
じゃあ、何だと思って読んでたのかな、と考えてみたんですけど、あれが、あの世界が、『日常という名のファンタジーの設定、世界』だと認識していたんだな〜と思いました。
(これはあくまで私の見解です。でも、他の人はどう思うんだろう?と思ったので、書くことにしました。)

確かに小中学生のころは、あれは『日常』だと信じて疑わず、私だって遅刻してパン食べながら走れば角で王子様に出会えるかも、とかイケメン2人と三角関係になっちゃうかも、って夢見ていたような気もします(笑)辛い(笑)でも、そんなことは現実には起きない。そもそも漫画はフィクションだ。
あれは、『日常』ではなく、『日常』という設定ですらなく、ファンタジーの世界なのだ、といつからか思うようになったのだと思います。ファンタジーの世界ではあれが『日常』なんだ、と。うーんこんがらがりそう〜〜難しい〜。伝わるかな〜〜。

そんなこと起きるわけないよ!=『日常』ではない、ということではなくて、そんなこと起きるわけないよ!=あれはファンタジーの世界の『日常』なんだから、ということです。

(だからってなんでもありというわけではないと思うけど、その辺のさじ加減と好みは作者の気持ちと読者の次第かなと思います。)

少女漫画のキャラ達はみんなファンタジーの住人なんだけど、恋愛してるときは私達と同じ気持ちになる、だから身近に感じるしみんな愛おしく思うし、大好きなのでは〜〜!少女漫画は私たちにとって永遠〜〜〜〜!!!!!
その中で、『リアル』が見えるから、例えば矢沢あい先生の書く女の子とかは共感を呼んで、人気になるのかなと思いました。

だって少女漫画はファンタジーなことばっかりだよ。こじつけなんじゃなくて、そーゆう世界なんだよ。
新幹線で隣に座るのが2人ともナナなわけないし、両親組み合わせ替えて結婚して生活するなんて頭おかしいとしか思えないし、高校1のイケメンがモテコーチになってなんてくれないし、挙げ出せばキリがないけど、その『世界』が大好きなんです。
(NANA、ママレードボーイ、高校デビューをあげてみましたw私の人格形成に大きく寄与した漫画たちです。感謝。)


ここまで、言いたいこと勝手に言わせてもらったのだけど、あの世界が日常の設定だと感じられるのはやっぱり作者の皆様がリアルに描いてくれるからなんでしょうね。作者の方たちは夢を描いてくれている。本当に本当に感謝しかないです。ここまで私を育ててくれてありがとうございます。

これからも少女漫画読んで過ごすんだから!!!そのうち少女漫画読む痛いおばさんとか言われちゃうのかな。ツラァ〜〜〜〜
とりあえずししおせんせーください。








どうせもう逃げられない 感想2

どうせもう逃げられない

2回目じっくり読み終わりました。
やっぱり2回目は号泣…
(1回目はストーリーがとにかく知りたくて知りたくて、雑に読みがちなので…)

2回目の感想を語らせてください…
1回目の薄っぺらい感想はこの前の記事に書いてあります(笑)

まず、前半はほんとに向坂さんダメすぎ!
心のブレーキ弱すぎ!自分勝手すぎ!ってあらためて思いました。前半はね、ひどい男だよほんとに〜〜〜〜!!!
 

そして後半…

ちはやふるの26巻が『闇の26巻』と言われるように(私の独断と偏見w)、このマンガの8巻は闇が深い……
あやうく電車内なかで号泣しそうになっちゃって、読むのやめました。そのあと自宅で大泣きしながら読みました(笑)

ほんとちはやふるといっしょで、太一杯なんてやっちゃって!♬もしかして、ちはやと太一いい感じか〜?(にやにや)から、一気にどん底に落とされたかのように、8巻は楽しくデートしてるのが、見事にフラグでしたね…

結婚式のために名古屋に帰って、お兄さんに謝るつもりだった向坂さん…。でも、謝る前にお兄さんから再婚を告げられ、もう解放してくれ、って言われてしまう……
お兄さんはお兄さんでそりゃ辛かっただろうな、と。お兄さんからすれば、向坂さんだけじゃなくてちはるさんさえも疑わざるをえないんだもんなー…愛する弟と妻に裏切られてたのかも、そして悪いの俺なんだ、ってきっと思い続けていたんでしょうね。でも、解放してくれ…は言いすぎなんじゃないかと……。
というより、向坂さんがあのとき、俺はいいからちはるの信じてやってくれ、じゃなくて、どうして事情を言わなかったんだ!と思いました。確かに本当のことは言えないかもしれないけど、(ちはるさんからしたら知られたくないことだしね)仕事で辛いことがあったらしく飲んでいた、お兄さんのことを大事に思ってた、って言えば……8巻は闇じゃなくなったのに。とここまで書いて思ったんですが、でもそんなこといっても逆に疑わしいのかな。やっぱり何も語らない向坂さんが正しいのかな。何がよかったのかはわからないですね。これはハッピーエンドで終わるので、結果的にはこの8巻の闇は必要だったとは思いますが、でも!こんな悲しみはいらない……

名古屋から帰ってきた向坂さんに再び振られるなほ。『向坂さんは残りの人生をちはるさんに捧ぐと言ったんだ…』はあまりに残酷すぎる……そばにもいられない…
このあたりのなほの落ち込みよう、悲しさは言葉にできないです。ただ私もひたすらにここは泣きました。余さんがニューヨークに行こうと言ったときは、もしかしてこれ向坂さんとくっつかない…?なんてことある?ってよぎってしまったくらいには、私には光が見えなかったです。唯一頼れるのは馨さんの存在かなって…

実際馨さんの昔話があって、なほの気持ちも再び固まるので、そーゆう意味では馨さんは光になってくれましたね。(向坂さんと馨さん関係素晴らしいよね)

9巻から10巻は一気に進みましたね。1から7巻なんだったの?!って言わんばかりの進み方でしたが、2人の幸せな未来が予想できる進み方だったと思うので、最後はテンポよくゴールインしてよかったなーって思います。

翼ちゃんのことがあって名古屋に行って、ちはるさんのわらった姿を見てやっとやっとやっと!向坂さんが吹っ切れる。もうほんともっと早くちはるさん出てきてくださいよ、って感じです(笑)私は勝手に、ちはるさんが『拓巳も幸せになって。私は寂しくないよ。こっちでゆっくり待ってるから。』みたいなこと言うのかなって思ってたので、案外さらっと出てきていってしまわれたように感じました。まあでも私の予想はベタすぎか(笑)

とにかく吹っ切れてからの向坂さんは、社長としても男としてもかっこよかったと思います〜向坂さんのこと好きになりました〜!
抱きたい発言はちょっと笑ったけどね(笑)でも、あの人が手を出さずに来たことは大きな意味があるもんね(笑)

そして2人は幸せにゴールイン!
本当に良かった。読み終わって、一人でめっちゃ良かった〜良かった〜ほんと良かった〜
って呟きまくってました。(笑)
ハッピーエンド最高です(大の字)

読み終えて印象に残ってるのは、なほの『好きになったのは知れば知る程手の届かない人     
なのに拒絶されるほど守ってくれてることが伝わる人』このひと言に、向坂さんの器用すぎる不器用さが表れてるなあって。向坂さんの優しさでありダメなところですね。

向坂さんのセリフだと好きなのはいくつもあるんですけど『あんたに叱られる度あんたに守られてる気がしてた だからあんたが笑う度守りたいと思ったんだ』とか『あんたが泣いてた分だけこれからおれが存分に愛するから …愛させてよ』はたまらんかったですね…はあ〜言われてぇ〜〜〜(黙)
向坂さんはむかつくセリフもいっぱいあるけどな!!!www

とにかく2回目は1回目に読んだ以上に、この作品が大好きになって、向坂さんとなほのことが好きになりました。
この作品に出会えて良かったです。
次は何読もうかな〜〜〜〜

p.s最後に…1回目に読んだときは早く結末にたどり着きたくて、虎と猫の描写いらん…と思ってたんですけど、虎がそうか俺はキズを負っていたんだ、というシーンから、あ、これは必要だったんだって気付けました。虎=向坂さんなのはわかってるけど、絶対向坂さんならキズを負ってたなんて言わない。自分のせいだと責める。でも、それは間違えなく『キズ』なわけで…。それを虎が言うことでうまく伝わるなって思いました。
っていう感想です(^O^)

※冒頭にちはやふるの話をちょっとしましたが、ちはやふる大好きです。そのうち感想書きたいんですけど、ちはやふるに関しては愛が重すぎて語れる気がしません(笑)
f:id:mm-hy:20160728000246j:image

どうせもう逃げられない☆感想

こんにちは。

今日は、久しぶりに少女漫画の感想を書いていきたいと思います。

タイトルは、「どうせもう逃げられない」

 

どうせもう逃げられない コミック 1-10巻セット (フラワーコミックスアルファ)
 

 

たまたま朝ネットで試し読みをしていて、なんとなく続きが気になるし、帰りにレンタルしてこようかな~なんて考えて、いざ行ったら借りられていて・・・

今日は帰って漫画を読む!と決めていたから、どうしてもどうしても今日中に手に入れたくて・・・気づいたら全巻購入してました。軽率さは健在です。(笑)

 

そして、帰宅後とりあえずさーっと読み切りました!

2回目以降じっくり読むとまた感想変わるかな~なんて思いますが、とりあえず今の気持ちをのこしておこうかな、と思います。

 

詳しいあらすじが知りたい方は、ぐぐってください(笑)

ここからはネタバレ関係なく、私の感想を書かせていただきます。

 

正直、この漫画は紆余曲折あるものの、思った通りの結末で終わってくれます。だから、ある意味予想通りでつまらない、と言われてしまえば、それまでです。

でも、私は思った通りの結末で終わってくれて本当によかった、と思いました。これだけは、何回読んでも変わらない。読み終わった後の私は、「よかった~」という安堵の一言を発しました(笑)

 

そして、この漫画を読んで、1番思ったことは

才能のある男の人はかっこいい!!!!!!!!

 

デザイナーとして天才、才能をもつ向坂さんは本当にかっこいいなって純粋に思いました。才能ある男性に惹かれる気持ちが初めてわかった気がします。

なんで惹かれるんだろう?自分にないものだから惹かれるのかな~~

でも、現実世界では出会ったことないなーなんて思ったり・・・

 

けど、どうしようもなくメンタル弱男(´・ω・`)

(だからこそ惹かれる)

ここは、評価がわかれるところかな・・・

たぶんダメな人はダメだと思う。ぐずぐずしてないでさっさとくっつけよ!ってなると思う。私は心のブレーキしっかり!って思ったり、素直になれよ、幸せになってもいいでしょ!って叱ったりしてました(笑)でも、向坂さんの闇って漫画とかドラマとかではありがちな(?)ものだけど、大切な人をなくすってめったにないことだから、いつまでぐずぐずしてるんだよが3割のこの人の闇は大丈夫かな、という心配(向坂さんへというより、なほへの心配)7割でした。

 

それと、なほは強い。というか、少女漫画の主人公は総じて強い(笑)

あんなに一途に望みなくても(恋愛と仕事の両方とも)思い続けられる、素直に追いかけ続けられるのは素敵なことだな~~

うらやましいな~(心の叫び)

 

この漫画全体を通して・・・

正直、私はこの漫画には好きなキャラ(かっこいい~好き~♡となる獅子尾先生みたいなキャラ。詳しくは私のブログ参照です)が出てこなかったな~と思います。

もちろんきゅんきゅんしたり、かっこいいなって思うけど、なんかそこまで至らなかった。なんとなくだけど、誰にも感情移入せず客観的に読んで、なほのこと応援してたんだと思います。感情移入できなかったのは、向坂さんは私には想像もできない闇があって、それが余りに深すぎたから・・・。なほは、強すぎたから?かな。

一番人間味あったのは、なほをバカにしてきた男たちと、余くんだったりして・・・

漫画は別世界ってわかりつつ、なんだかんだ感情移入した読み方をいつもはしてるんだけど、今回は普通になほと向坂さんの幸せをただ追いかけてた感じでした。

最後はあったかい気持ちになれて幸せでした。

 

といいつつも、ばっちり泣きました(笑)なんだろう・・・最近ハッピーエンドの漫画でも絶対泣いてるし、そうゆう漫画は自分で買って大事にしてる。ただの甘い漫画は読めくなってきたのかな(余談ですね・・・)

 

なんかもっと書きたいことあったはずなのにうまくまとまらないので、とりあえず2回目読んでこようかな!

また2回目は印象いろいろ変わって号泣しまくる気がします(笑)

では!

 

 

※後半増える虎と猫の描写わかりやすかったけど必要だったのかな?

いろんな意見があると思うので聞いてみたいなーと思います。

 

 

P.S欲をいえば、事務所の他のメンバーの恋バナとか向坂家のその後とか番外編とかで読みたいな!

 

 

 

 

 

推しの結婚熱愛について。2017.01.09追記あり。

こんにちは。
本日も絶好調で声豚生活を送っております。

さて!ついに神谷さんの結婚が週刊誌に掲載されましたね!前々から噂はされていたので、特に驚きはありませんが、情報が本当なら神谷さんおめでとうございます!!!

ということで、今日は推しの結婚・熱愛に関して考えてみようかな〜なんて思います。

まずはじめに、私は推しのガチ恋勢(推しは神谷さんではありません。)ではないですのでよろしくお願いします\(^o^)/

ちょうど神谷さんの結婚報道が出る前日にこのブログをたまたま見かけて読みました。
ジャニーズを声優に置き換えて、読んでました。

いや〜〜本当にそうだな〜って。
それと推しの彼女奥さんにオタクが馬鹿にされてたらやだなーって。金銭面支えてんのはこっちやぞ!🔪🔪🔪って思ってました……
(推しの生活支えるのがオタクの役目だと日頃から思ってるタイプの声豚です。)

と思ってたら神谷さんの結婚報道ですよ。しかも相手は人気漫画家。
もうなにも敵わないwww推しとどうこうできるなんて思ってないけど、金銭面さえ負けてるw
でももはやね、次は子供の養育費だな!任せろ!って感じですよね。神谷さんファンの皆様どうなんだろう?

で、ここまでは前置きとして…
推しの結婚熱愛報道が出たら……っていう私なりの考えを書かせて頂きます〜〜。不愉快に思う方もいるかと思いますが、考え方は人それぞれということで(^O^)お願いします!

まあとりあえずは、おめでとう!ですね。
やっぱり幸せになってもらいたい気持ちはあります。結婚適齢期であれば結婚してて当たり前だと思うし、人としての幸せを掴んでいいと思う。拗らせてる感のある推しなら、たぶん感動すると思う!(笑)


でも、ちょっとくらいは、寂しい、悲しい気持ちも持つだろうな〜〜。
どうこうできるなんて思ってないし、そんなこと望んでないけど(いや少しは夢見てるけど!w)
自分が好きだからだけど、人生の中で色々なこと犠牲にして、お金と時間を使ってきたんだから(自分は楽しいから別にそれでよかったと思ってる)それくらいちょっとくらい思ったっていいじゃない〜〜
と思うのです。だからあまりに過激な発言とか行動は除いて、寂しい悲しい気持ちになる声豚たちをどうかお許しください…。
素直に喜べない声豚のみんなー!!!気持ち、痛いほどわかるぞーーーー!!!

次!推しの幸せはめでたい!願いますよ!演技も幅広がりそうだしね〜〜!でも、だからといって、未婚の推し、彼女いない推しに関して、『早く彼女できるといいね。』『結婚してほしい。』とはまっっったく思わないです(笑)
聖者みたいなファンのみなさまの中には、結構そーゆう発言見るんですけど、すごいな、人間の鑑かよ、って思う(笑)
それこそこっちが心配するのは御門違いかなって思う。それに夢見させてほしいし?www(ここは冗談です)

でも!でもですよ!
私たちのお金が女遊びに使われるのは、いい気持ちがしない……。女遊びするくらいなら結婚してくれ…とは思うかな。二人の生活、いずれはお子さんの生活を支えられるなら本望です!!

次!やっぱり隠されてたら悲しいから、自分の言葉で伝えてほしいかな、と思う。
実際惚気とか聞きたいし!鈴村真綾夫婦とか本当最高じゃない???
ありきたりなことしか言えないけど、本当に好きな人は、結婚ぐらいじゃ離れないと思うのね〜〜〜〜
(追記☆2017.01.09
でもやっぱり現実飲み込むのに時間がかかるのは間違えないから、そこんとこは許してくれ〜〜〜〜。こっちも嫌いになりたくないんじゃあ〜〜。)

宮野さんとかね〜〜もはや今知らないファンも多いのでは?結婚後もファンが増え続けてるよね。
宮野さんはプライベートを見せずに常にキラキラした、みんなから求められる『宮野真守』を魅せてくれるので、素晴らしいと思う。
だから、結婚してても正直関係ない。私たちがお金払ってるのは、あのキラキラした宮野さんにだから。私の場合は、このまま見せない姿勢を貫いてほしい。自分の商品価値よくわかってるし、事務所の管理が行き届いてる!
だから宮野さんは惚気とかプライベートとか見せなくていいです。と思う過激派マンなわたし。(笑)
(でも、たまーに宮野さんにも、自分の商品価値もっと認識して!どれだけの人たちが、普段お金落としてると思ってるの?とは思いますねん。その話はまたいつか……)

実際ところ、公表することでファン離れがあるから声優界は未公表が多いんだろうね。仕方ないね!ここはどうしようもできない!


最後です。
その人のキャラや見せられてる姿ももちろん好きだけど、私の場合は『声』(演技)が好きだから、結婚後も(最初はちょっと凹んでも)なんら変わらないと思う。
簡単に想像できる。シチュCDやらドラマCDとか聞いてにやにやしてる私の姿が!(笑)
 

というわけで推しに熱愛結婚報道が出たら、どうするか考えてみました。
きっと変わらないって結論になりました(笑)

☆☆☆
正直な話…そう考えつつも
彼女や奥さんが羨ましい!私のためだけで声帯使ってもらえるなんてなんて幸せなんだ!!!と妄想を繰り広げる私なのでした(笑)

※私の推してる声優さんは、公表しないつもりなので、察してください(笑)在宅ファンではありませんよ。


追記☆
わたしはあんまり乙女向けコンテンツに馴染みがないからわからないんだけど、乙女向けコンテンツで人気の方の場合、結婚を公表すると、どうしても奥さんの存在がチラついて、楽しめないという意見を聞きました。
うーん確かに、そうかも。
いくら声が好きでも楽しめないひともいるよな、と思う。私は、うわー!結婚!嫁!想像しちゃいそ〜〜むり〜〜むり〜〜!でもやっぱり好き〜〜〜〜ってなりそう。というか、そうありたいという希望的観測。嫌いにはなりたくないなあ。


隠すくらいなら公表して、と思うけど、知らない方が幸せなこともたくさんあるなと思う。上から目線みたいになってしまうけど、声優さんには自分の商品価値、ちゃんと理解してほしいと思います。
ちなみに、お金さえ出してくれればみんなが、ホンモノのファンだと思いまーす!以上です!



グリムガルはいいぞ。

 

 

こんにちは。
せっかく書き溜めていたのに、記事をアップするのがすっかり遅くなりました・・・・。
 
突然ですが、私はアニメと声優が好きなキモオタなので、アニメイベントにもちょくちょく参加しております。
ちょうど先日、灰と幻想のグリムガルのイベントに参加してきました。
 
イベントは、3時間半のメインキャストの生朗読劇と生ライブの融合で、プロの凄さを感じまくる贅沢な時間でした!
ほんとにすばらしかった!楽しかった!
(イベントについてもそのうち語れたらいいな。)
 
で、イベントに行ったことでグリムガル熱が再燃したので、グリムガルを改めて見直しました!というわけで、このグリムガル熱が熱い今!感想をつらつら語っちゃおうと思います!♡長くなりそうですが、興味ある方!私の独断と偏見にまみれた感想読んでいってくださいな!
 
まず私はアニメと声優が好きと言いましたが、正直アニメオタクというよりかは声優オタク。ただの声豚野郎だということをご了承ください。そして、原作は未読です。
 
灰と幻想のグリムガル」ってどんな話なのよ、ってことですが、簡単に言うとグリムガルという異世界に飛んだ(という表現が正しいかはわからないけど)ふつうの男の子ハルヒロが主人公。そのハルヒロの成長物語です。
いわゆるファンタジー、RPGみたいな世界で、パーティーを組んで、敵を倒して生きていく・・・のですが、まあそのパーティーが弱いこと弱いこと・・・。グリムガル最弱といわれるゴブリンも倒せない激弱パーティーはどうなるのか!!!って話です。(詳しくはぐぐってください。笑)
 
そんなハルヒロのパーティーがこちら。

f:id:mm-hy:20160623201605j:plain

※ここからはネタバレ遠慮なく、グリムガル視聴した前提でいきますのでネタバレ嫌な方はUターンしてください(/・ω・)/
 
私的にグリムガルは、丁寧に4話ずつで一つのエピソードとして作られてるなって感じてて。12話なので大きくわけて軸となるエピソードは3つあると思うんですね。それを1部2部3部としてわけて書いていこうかなと思います。
 
①グリムガルに来て〜マナトの死
まず一番大きな衝撃であり、物語の重要なポイントはマナトの死だと思います。ここから一気にグリムガルの世界に引き込まれていきましたね。
結構みんなマナトは死ぬと思った。フラグ立ってた。って言うんですけど、正直最初はハルヒロの声(と細谷さんの演技)を楽しみにぼっーと見てたので(ごめんなさい)、そんなの全然思ってなくて。さすがに4話の死ぬ直前の危ないフラグには気付きましたけど、まさか死ぬとは思ってなくて…だから私にはほんとに衝撃的で…もう大号泣でした。何回見ても泣く。まじで4話は鬼門。
ハルヒロに感情移入してたのもあると思うんですけど、4話の悲しさは本当に耐えられない。
 
(マナトが死んで混乱するハルヒロ…ここの細谷さんの演技すごくないですか…贔屓目もあるとは思うんですけど、鳥肌立ちます。生の朗読劇のときはそれ以上でした。。。)
 
マナトを死なせちゃった、それもお金かかるんですよね…っていうハルヒロ。見てられない。
お願いだからマナト生き返ってってハルヒロと一緒になって心底願いました。
 
でも、これがグリムガルの良いところだと思うんですよね。生命のやり取りなんだ、これは生命のやり取りなんだ!って1話冒頭でマナト自身が言ってて、にも関わらず言ってるマナトが死んでしまうという残酷さとリアリティ。
ゴブリンも倒せなくて、パンツも買えない、ご飯もまともに食べられない。そーゆうリアルを描くグリムガルだからこそ、激弱パーティーのなかで誰かが死んでもおかしくないんですよね。むしろ当たり前のことなんですよね。生命のやり取りなんだから…
言いたくないけど!認めたくないけど!
ハルヒロの成長物語のためには、マナトがいちばんふさわしい役回りだ…と…思います…(うっ認めなたくない。)
 
そして4話で完全にもっていかれました。グリムガルがだいすきになりました。でもダメージくらいすぎてしばらくマナトを見るだけで泣けました(;_;)
 
②マナトの死からの立ち直り(メリィとの関係)
5話〜8話にかけては、マナトの死を受け入れて進もうとする姿とメリィとの出会い、そしてパーティーに馴染むまでが描かれています。
 
まず、ハルヒロ、ランタ、モグゾーがシェリーの酒場で呑んだくれながら、喧嘩(?)しながら、今のままじゃいけない!ということで勝手に新しい神官メリィをいれることにする。でも、メリィは協調性なくパーティーとのみんなと合わない…すれ違うバラバラなパーティー…
 
このときの3人の気持ちはよくわかる。マナトの代わりの神官は絶対に必要。でもユメとシホルの気持ちはもっとわかる。さみしいよね。みんな辛いしみんな悲しい、寂しい。。。
 
5話の終わりのハルヒロとユメのやり取りには泣きましたね…(まあラノベ作品だから、ちょっと…wって思うこともあるけど)でもこのシーンは泣きつつ、ハルヒロにきゅんとする私がいました…(笑)(ハルヒロに抱きしめられたい!ハルヒロの体格と筋肉好きです…)
勘違いするシホルもかわいいぞ!♡
 
そしてみんなでメリィとなんとかコミュニケーションを取りながら、少しずつ少しずつ距離の近づくパーティー。メリィさんかわいいです。
劇的にメリィと仲良くなるわけじゃなくて、その過程も丁寧に丁寧に描くグリムガル!素晴らしいです。
 
そしてわたし的第二の鬼門8話。
マナトの仇であるゴブリンを倒して、義勇兵になります。そして、マナトに報告にいく。
 
語彙力ない典型的なキモオタなので、
やばいまじやばいつらいハルヒロ尊い。マナト尊い。とかしか言えないんですけど…
 
ここはシホルがやばいと思うんですよね。(語彙力orz)
 
『マナトくんの持ってたお金とみんなで出し合って、メリィさんも少し出してくれて…』って義勇兵章をマナトのお墓にかけるシーン。
物語冒頭でシホルはマナトに髪留め買ってもらってたり、2人で鳥に餌をあげたり、朝日をみたりしてて…
(このあとシホルずっと髪留めつけてるから。見るたびううってなる…)
今までハルヒロとマナトの関係で泣くことが多かったんですけど、シホルとマナトの関係を考えたら悲しさは実はハルヒロよりあるんじゃないかと……
シホルってほんとはすごく強い子だなって思いました。
そして本当にパーティーはいいパーティーになってきたね。
 
③サイリン鉱山攻略!
9話は日常回ですが、その後最終回にかけて…メリィが仲間を失ったサイリン鉱山攻略を目指すハルヒロたちですね。
 
グリムガルは好きで何回も見てるにも関わらずですね…8話でダメージをくらってそのテンションのまま見るもんだから9話から11話が全然入ってきてなくて(;_;)
正直うまく感想がまとめられないのですが、思いの丈をぶつけさせてください(;_;)(冷静に読むとテンションおかしいので優しい目で見てください。)
 
リーダーとしての自分のあり方に悩むハルヒロですが、サイリン鉱山でメリィの元パーティーのメンバーと戦うとき、バッチリ指示を出します。ここで、ハルヒロ成長したなって強く感じました。もちろんこのあともハルヒロらしいリーダーとしての姿が見れますが、私はこの指示を出すハルヒロが好きです。そして強くなってるパーティー!!!ううう。泣ける。みんなすごいよー!ゴブリン倒せなかったあのパーティーじゃないよー!!
 
そして一人残ってデッドスポット戦うランタ!
このとき、まじ…また1人パーティーのメンバー減るの…やだ…やめて。って切実に願いました。もうあんな思いはしたくないです。でも容赦なくやりそうで怖いグリムガルスタッフ!(※原作未読)
 
でも、ランタを救出して落ち着くパーティー!ハルヒととランタの背中合わせ素敵でした♡ほんとよかったよ〜〜安心したよ〜〜もうだれも死なないでくれ〜〜!!!
 
『今日は長い1日だったね。』『今日は疲れました。』『早くかえってお風呂入りたい。』(正確なセリフはうろ覚えです。ごめんなさい。)ん?これはフラグですか…まじやめてもらっていいですか……と思ったら
 
再び現れるデッドスポットですね・・・
 
そして次はハルヒロが残ります。
このときのハルヒロの『メリィ俺にもディスペルしにきてくれよな。』にちょっとちょっと…死ぬんじゃないよ…。諦めんなよってランタも言ってるよハルヒロ…
 
 
ここからの急展開。ハルヒロがデッドスポットを一撃で?倒す!!急に強くなったように見えて賛否両論ある展開かと思いますが…まあ時間的にも仕方ないのかな。原作だとまたちょっと違う描かれ方してるのかな。機会があれば読んでみたいと思います。
 
何はともあれ、ハルヒロが目を覚めるとメリィさんが!鼻歌うたってるー!完全にヒロイン!かわいい!ハルヒロの半裸やばい!(鼻血)
 
そしてまたマナトのお墓へ…
ハルヒロ、少し背伸びたんじゃない。』でわたしの涙腺は崩壊しました。滝のように流れました。背も伸びたし、ハルヒロなりのリーダーになれてきたし、強くなったし、成長したよ〜〜〜〜!!!って代わりに返事してましたwww
マナト1人のカットに信長の名前の演出憎いです。スタッフ!!!
 
そして『また、明日。』
 

f:id:mm-hy:20160708085956j:plain

(完)
 
ここまで、読んでくれた方いるんでしょうか…読んでくれた方すごいです。私でさえもはや読み飛ばしてます(笑)ありがとうございます。
 
灰と幻想のグリムガル』本当に大好きな作品でした。
4話で完全にもっていかれて、そのまま毎週私の楽しみの時間でした。
 
1つ1つのエピソードや日常を丁寧に描かれていて、ファンタジーの世界なのにリアリティがあって、本当にハルヒロたちが生きているかのように感じました。
 
冒頭で大きくわけて3つに分けられる、と書いたのですが、どの節目にもマナトの存在があって、ハルヒロにとってのマナトの大きさを感じます。ここまではハルヒロの成長物語であり、マナトからの卒業(?)の物語でもあったのかな、と思います。(このあとの展開を知らないので的外れなこと言ってたら、ごめんなさい。)
 
声豚キモオタなので、私は、細谷さんのハルヒロが好きで、私にとってはハルヒロは細谷さんありきなんですね。細谷さんの声があってこそのハルヒロというか・・・。うまく言葉になりませんが、さすが細谷さん指名のキャラだと思います…監督ありがとうございます。
 
だから、また細谷さんの演じるハルヒロに会えますように。2期でパーティーのみんなに会えますように。
 
自己満な長文、乱文お付き合いいただきありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

センセイ君主 感想☆

 

こんにちは。

ひるなかの流星にドはまりしてから、早2週間以上経とうとしてるのですが、その間にあほみたいにTSUTAYAでコミックレンタルして、少女漫画を読みふけました。(さみしそうとか言うな!実際寂しい!w)

 

その中でいいなって思った作品が「センセイ君主」です。

 

センセイ君主 1 (マーガレットコミックス)

センセイ君主 1 (マーガレットコミックス)

 

 

 

タイトルの通りいわゆる「先生モノ」です♡ええ、獅子尾せんせから明らかに先生モノに弱いです(笑)

 

これは、超バカでピュアでまっすぐな女子高生さまるん(左丸あゆは)とイケメン俺様系で生徒になんて全然興味ない弘光先生の物語!いわゆる禁断の恋ですが、重い雰囲気ゼロです(笑)楽しいです。

(あらすじはぐぐってください。とりあえず弘光先生への愛を書きなぐってます。)

 

弘光先生に恋をしちゃったさまるんはとにかく猛アタック!!振られてめげずに告白、おめかしして家まで押しかけちゃったり、お見合いをストーカーしたり(笑)『ヒロイン失格』の作者幸田先生の作品ですので、顔芸なんかも豊富で、爆笑必至です!一人で何度笑ったことか・・・・・(寂しい)

 

この作品で推したいことは、さまるんみたいに愛されたい!弘光先生たまらん!ってことです!!!!!二人が結ばれてからの、弘光先生がもう甘々♡どんだけさまるんのこと好きなんだよ!!!!うらやしいぞこのやろー!!!爆発しろー!!!

 

弘光先生がたまらなすぎて、たまらんセリフとシーンをメモしていたら、すごい数になりました。完全にこじらせてます。好きです。てなわけで、私的たまらんシーンをとりあえず3つだけ紹介します!!!!(誰得)

 

①「人が抑えてやってんのに そのうち嫌ってほどしてあげるよ」

女としみてもらえないと不安がるさまるんが大人の関係をと迫った時、「しないよ。」と断りつつも・・・やっぱり男の人なんですね。「人が抑えてやってんのに そのうち嫌ってほどしてあげるよ」ですって!!!!さまるん同様鼻血モノでした。ついでに、無防備に寝てるさまるんの太ももを見て意識しちゃう先生たまらんです!ごちそうさまです!結局、獅子尾せんせのときもそうですが、大人の男の人がそーゆう風に照れたり悩んだりしちゃう姿に弱いみたいです。(←どうでもいい情報)

 

②「料理なんて一生俺がやってやるよ」

さまるんは料理だってできるわけありません。でも、先生に好かれようと頑張っちゃいます。その様子を愛しそうに見る先生。「さまるんが料理できようができまいがどーだっていいんだよね。料理なんて一生俺がやってやるよ」キャー!!!す!て!き!料理してくれる男性素敵ですよね。それに加えて、このセリフはもうさまるんと一生を共にする気なのがね、もうね、最高ですね。というか、このセリフに限らず、さまるんと一生一緒に過ごす気満々発言多いよね。やばいよね。

 

③「俺もどうかしてるな」

弘光先生のおうちでのいちゃらぶシーンでのセリフですね。「俺もどうかしてるな。こんなバカがたまらなく愛しいと思えるんだから」

これはセリフがいいのもありますが、「クッション代わり」ってさまるんのことを抱き抱えながら心の中で言ってるのがきゅんポイントでした!私もクッション代わりになりたい!これまで生きてきた中で、初めてクッションになりたいと思いました。弘光先生のクッションになれれば本望です。(死)

 

本当にきゅんきゅんポイント多すぎて書けないんですけど、なんとなくこの3つにしてみました!ちょっと王道を外したつもりです。

 

冒頭にも書いたんですけど、弘光先生付き合ってから甘々すぎません???さまるんのこと大事そうに、愛おしそうに見る先生の眼差し、表情が最高of最高です!!!!!幸せだ~~~(気持ちはさまるん)

 

今は9巻まで発売されております!この二人はきっと波乱なんて簡単にはねのけてこのまま幸せ街道突っ走るんだろうなあ。勝手に、卒業と同時に結婚して終わるのかなって思ったり!でも新婚の二人もみたーい!甘々いちゃいちゃが想像できます。ごちそうさまです。幸田先生ありがとうございます。(土下座)

 

というわけで、まだまだ読んで幸せに浸りにいってきます~♡

 

p.s.弘光先生は素敵だけど獅子尾せんせとは別格だよ!獅子尾せんせ至高だよ!

 とりあえずスーツとたばこは反則だよ!

 

f:id:mm-hy:20160607233732j:plain